ブーケ 人気のビーチフォトアイテム|ハワイ島の絶景をバックに人生最高の瞬間を【ビーチフォト ハワイアイランド】

menu

BEACH PHOTO INFO

ブーケ

結婚式に使われるブーケは、新婦の美しさを輝かせてくれる必須アイテムです。
ハワイ島でのウェディングフォトでも欠かせません。
魅力的なビーチフォトを撮影するためのお役立ちアイテム、ブーケについてご案内します。

ブーケについて

ブーケについて「ブーケ」とは元来フランス語で「花束」と言う意味です。日本では新婦が結婚式で持つ花束をイメージしますが、本来は結婚式以外の花束にも使います。そのため、新婦が持つ花束は「ブライダルブーケ」や「ウェディングブーケ」と呼ぶことが正式な呼び方と言えるでしょう。

ところで、結婚式に持つブーケの由来をご存知ですか?所説ありますが、その昔のヨーロッパで、男性が花束を愛する人に渡してプロポーズをしました。受け取った女性は、花束から一輪抜き取って、男性のポケットに差し込むことで「YES」の返事をしました。これが、ブーケとブートニアの由来と言われています。

ブーケの種類

ブーケの種類ブライダルブーケは生花で作ることが多いですが、一生の記念に残せる造花も人気。リゾートウェディングで使用したブーケを、日本でのウェディングパーティーで再度使う方も多いです。

クレイブーケは、粘土で作られた美しい花束です。変色する心配がなく、とても軽いのが特徴的。また、フォームフラワーと呼ばれる、柔らかくて壊れにくい素材でできた花束は、見た目も手触りも驚くほどリアル。嬉しいことに水にも強いため、ビーチフォトに最適です。

生花は税関で持ち込みを止められてしまうため、日本にはお持ち帰り出来ません。ホテルの湯船に花びらを浮かべると、優雅な時間をお楽しみいただけます。

ハワイ島ウェディングにおすすめブーケ

花嫁を輝かせるホワイト系

花嫁を輝かせるホワイト系ビーチフォトウェディングにおすすめなのは、白を基調としたものです。 純白のウェディングドレスと真っ白な花は、ハワイ島の青い海によく映えます。また、白は「純潔」「邪悪なものを跳ね除ける」と言われ、白いブーケは「新婦を邪悪なものから守ってくれる」と信じられているのです。

元気で明るいビタミンカラー

元気で明るいビタミンカラー元気で明るい雰囲気のウェディングフォトを撮影したい場合は、ビタミンカラーがおすすめ。カジュアルでキュートなビタミンカラーで、南国らしい雰囲気を演出してみましょう。ハワイ島の輝く海をバックにしたあなたの笑顔を、より魅力的に輝かせてくれること間違いありません。

女性らしくて優しい雰囲気のピンク

女性らしくて優しい雰囲気のピンク女性らしくて優しい雰囲気のピンク幸せを感じさせるピンクは、いつの時代でも人気です。普段ピンク色を身に着けることに抵抗がある方も、花束なら持ちやすいのでは。真っ白なドレスに可愛らしいピンクは映えますし、ビーチとの相性も抜群。ピンクを持つだけで、優しい雰囲気に。

ハワイウェディングの王道!プルメリア

ハワイウェディングの王道!プルメリア白と黄色のグラデーションがかわいらしいプルメリアは、ハワイを代表する花の1つ。レイに使われることが多く、ハワイアンジュエリーのモチーフとしても人気があります。花言葉は、「気品」「情熱」「恵まれた人」。ハワイ島らしいビーチフォトを撮りたい方におすすめです。

ブーケの持ち方

ハワイ島でウェディングフォトを撮影する際に、きれいに見せるテクニックをお伝え致します。
最高のビーチフォトを撮影するために覚えておきましょう。

ウェディングフォトにおすすめ!きれいに見えるブーケを持つ位置
きれいに見えるブーケを持つ位置ブーケはウェストの位置で持つのが基本です。胸の位置で持つと美しいドレスの胸元が花で隠れてしまいますが、小顔効果が期待できます。小柄な方は、ウェストラインより少しだけ高目に持つとバランスが良く見えます。鏡の前で色々と試して、一番良い位置をチェックしておきましょう。
ウェディングフォトにおすすめ!きれいに見えるブーケの持ち方
少し胸を張って、肩の力は抜いて下さい。二の腕を少し後ろに引き、軽く肘を曲げます。頭、両肩、ブーケで楕円形を描くようなイメージで持ちましょう。肘と身体の間に少し空間を作ると、腕が細く見えます。
ウェディングフォトにおすすめ!楽にブーケを持つ方法
小指をホルダーやステムにかけて持つと、疲れが少ない上、花の角度が自然と上向きになり美しく見せてくれます。