BEACH PHOTO INFO

ビーチフォトの前準備

ハワイ島でのビーチフォト撮影。
わくわくする瞬間の幕開けの前に、最高の思い出を作るためには前準備がとても大切です。
「ハワイ島での撮影に決めて良かった」「最高の思い出ができた」と心から思えるような素敵な1日にしましょう。
ウェディングフォトを撮影する前日までに準備しておきたいことをご紹介いたします。

肌や髪のお手入れ

肌や髪のお手入れ新婦様は、やはりウェディングフォトを撮影するとなると、肌や髪のお手入れに入念になるものです。日本でブライダルエステに通ったり、ハワイ島のスパで前日ブライダルエステを受けたり。最近では新郎様もウェディングに向けて肌のお手入れなどを念入りに行なう方が増えてきています。

もちろん、髪のお手入れも大切です。髪の毛を染めている方、プリンになっていないかチェックしてください。白髪を染めている方は、ビーチフォトの前に染め直してください。

忘れがちなのが指先のお手入れ。指輪をつけたり、ブーケを持ったり、指先は意外と活躍します。指先のケアもしっかりとおこないましょう。ブライダルネイルもおすすめです。

オリジナルアイテム

オリジナルアイテムここ数年、独自のカラーを大切にしたウェディングフォトが人気で、手作りアイテムや演出にこだわる方が増えています。「せっかくなので自分たちらしいオリジナルのウェディングフォトにこだわりたい」と言う気持ちはよく分かりますが、ビーチフォト撮影当日は意外と忙しいものです。余裕のない状況での過剰なアイテムの持ち込みや演出はハプニングを起こしてしまい、心残りになってしまうことも。

アイテムや荷物の持ち込みは、こだわるべき点を決めて最小限の持ち込みがおすすめです。大きなものは持ち込まず、小さなものを1、2個持ち込めば、充分に自分達らしいカラーを出すことができます。

また、忘れ物がないよう、荷物を詰める時にしっかりとチェックしましょう。せっかく準備したのに当日忘れてきてしまったら、ビーチフォトの撮影中も心からの笑顔になれません。

なりたい自分をしっかりイメージして

なりたい自分をしっかりイメージしてハワイ島でどんなウェディングフォト撮影してもらいたいか、イメージできていますか?元気いっぱいカジュアルで明るい雰囲気に撮ってもらいたいのか。それとも、しっとりと大人っぽいエレガントな雰囲気で撮ってもらいたいのか。そのイメージによって選ぶドレスは変わってきます。

またどんな髪型にしたいですか?こんなアングルで撮ってもらいたいという憧れの写真はありませんか?スタッフに雑誌の切り抜きや写真を見せて自分の希望を伝えることは、理想通りのウェディングフォトを撮影するための大切なポイントです。

日焼け対策

日焼け対策ハワイ島で挙式をするのなら、到着の翌日もしくは翌々日がおすすめです。と言うのも、ハワイ島の日差しはとても強く、油断するとすぐに日に焼けてしまいます。当日、純白のウェディングドレスに身を包んだ際に、日焼けの跡が残っていると確実に心残りになってしまうでしょう。

ハワイ島に到着したら、まずSPFの高い日焼け止めを隅々まで入念に塗るようにしてください。塗り忘れた部分から真っ赤になってしまいます。暑くても、上着を羽織る事はとても大切です。さらに日傘をさして、日焼けを防止。憧れのウェディングフォトを撮影するためには、日焼け対策を怠るわけにはいきません。

時差ボケ対策

時差ボケ対策時差ボケ対策日本とハワイ島は時差が19時間。時差ボケで体調が狂ってしまう方がたくさんいらっしゃいます。せっかくのビーチフォトが、眠たくて焦点のあわない顔をしていたらショックですよね。そんな時差ボケ対策へのおすすめは、スパで受ける「ロミロミマッサージ」。自律神経を調整してくれる作用があり、時差ボケにも効果的です。

スパと言えば、ブライダルエステを新婦様のみで受けられる方が多いですが、新郎様もマッサージで体調を整えて、当日を楽しくお過ごし下さい。カップル施術、おすすめです。

式前日の心得

式前日の心得旅行に浮かれ、ついつい暴飲暴食をしてしまう方が時々いらっしゃいます。食事は翌日の身体にも影響を与えてしまうため、後悔しないためにも暴飲暴食は我慢してください。ウェディングフォトの前日は、夜遅くまで遊ばずに、早目に就寝してしっかりと睡眠をとりましょう。

また、ハワイ島で見たことのない食べ物に挑戦して、当日体調が優れない方も時々いらっしゃいます。好奇心が刺激される気持ちはよく分かりますが、ビーチフォトが終了するまでは我慢しましょう。

式当日の心得

式当日の心得早起きして、二人でハワイ島をジョギングしてみると、心地よい朝の空気を吸うことができます。運動不足の方は、疲れ切ってしまいウェディングフォトを楽しめなくなるようなミスがないよう、ウォーキングやお散歩程度にとどめておきましょう。また、「早朝だし日差しは強くないだろう」と言うような油断は禁物です。しっかりと日焼け止めを塗ってお出掛けください。

朝食は食べ過ぎ注意。ですが、緊張して全く食べられないと言うのも困りものです。ビーチフォト中にばてることがないよう、フルーツなどでも良いので食べられるものを口にしましょう。